忍者ブログ
肩こり解消グッズでは肩こりが解消されない理由

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「肩こり」のマッサージです。

 



「肩こり マッサージ」の良くある質問 by Yahoo!知恵袋
Q.20代前半ですが肩こりが酷く、慢性的に疲労感があります。マッサージなどしょっちゅう行ってます。食生活はバランス良く取り、背すじも伸ばしているんですが・・・。こんな私にアドバイス下さい。
A.もしかして顎の噛み合わせが悪いとか?以前、顎の噛み合わせが悪くて、色々な病気を引き起こしている会社の同僚がいましたので思い出しました。バイオプレート?という物をはめていました。質問者さんはお若いので案外そうじゃないかと思ったんですが・・・。
Q.整体について(山口県下松市近郊)慢性的な肩こりと腰痛(座骨神経痛)に悩んでいます。そこで整体やマッサージに行きたいのですが、よい整骨院など教えていただけませんか?私は山口県の下松に在住しておりますので、近郊のがいいです。整体の感じとしては、適度にボキボキ整体してくれるようなところがいいです。以前、電気治療とかなりソフトなマッサージに行っていましたが、直後はいいのですがすぐにコリなどがひどくなってしまいました。たくさんの回答をお待ちしております。
A.整体、マッサージ、整骨院、すべて職種が違います。整体は資格や免許がありません。中には数時間の講習を受けただけでろくな医学知識もなくしている人も大勢います。たまにしっかり勉強している人もいますが、本当にまれです。多くの人が素人同然の知識で、医学的に根拠のない、時には危険な手技を行っています。それを承知で整体を探してください。マッサージはあん摩マッサージ指圧師という国家資格です。3年間学校で基礎医学、臨床医学、専門理論、実技を学び、国家試験に合格しなければ取得できません。おおよそですが、看護師並みの医学知識を有しています。ただし、近年は無免許の偽マッサージが多いのも事実です。看板に値段とかマッサージの種類が書いているところはたいてい偽です。国家資格を持っていれば、これらを広告してはならないと法律にあるからです。無免許は違法ですが、摘発がほとんどないので横行しています。整骨院の専門は、受傷原因がはっきりした、新しい、捻挫や打撲などのけがの処置です。慢性的な肩凝りや腰痛は専門外です。あくまでも急性かそれに準じるけがが専門で、それ以外をもし治療するときは、保険適応となりません。近年、このような保険適応とならない症状に対して保険扱いし、不正請求を行う整骨院が横行していることが問題となっています。しかし、違法行為を行う整骨院は、技術もありませんので行くだけ無駄です。なお、整骨院の資格で主体としてマッサージを行うのは違法ですし、マッサージの専門教育も受けていません。
Q.肩こりと腰痛について 18歳女です。最近肩こりがかなりひどいです。ここ最近急になったのですが、特に朝起きたときが一番痛いです。両肩がひどい筋肉痛みたいな…原因は運動不足か、バイトのレジで同じ姿勢だったりちょっと重い物を運ぶからかな~と思うのですが…電動のマッサージ機でほぐしたりもするのですが、そのときだけで次の日にはまた肩がこってます;あと腰も2年ほど前からずっと痛いです。改善策を教えてください。…接骨院とかに行ったら治りますか?
A.治るかはわかりません。私も中学くらいから腰痛、肩こりがあって、どちらも接骨院、整形外科で見てもらっていますが、6年くらい経っても症状はなくなりません。接骨院は場所により差がありますが、東洋医学をあわせて学ぶ場所も多くなってきていて、かなり楽になります。もともとマッサージのようなこともやっているので場所を失敗しなければある程度楽になります。家にいる場合は、肩も腰も筋肉をゆっくり伸ばしてあげてください。20秒くらい。また、トリガーポイント(触ると少し硬くなっている、もまれるととても痛気持ちいいところ)を軽く押してあげてください。



[関連タグ]


 肩こり マッサージ

 肩こり マッサージ 方法

 肩こり マッサージ つぼ

 肩こり マッサージ グッズ

 肩こり マッサージ 渋谷

 肩こり マッサージ 動画

 肩こり ストレッチ

 肩こり マッサージ 大阪

 肩こり マッサージ 新宿

 肩こり マッサージ 山科

PR

  • SEOブログパーツ
【Links】
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]